月を撮り続ける映像作家、河戸浩一郎のウェブサイトです。   


月を主題にした映像作品(映像詩)の製作を中心に、イベント用の映像制作や異なるジャンルのアーティストとのコラボレーションを視野に入れた創作活動を続けています。

Cinematographer/Poet with the picture of the moon
Koichiro Kawato

映像作家/河戸浩一郎

       Cinematographer/KoichiroKawato

月を撮り続けている、月の映像作家。

映画撮影の現場に学び、2011年より独自の映像作品の創作活動を始める。
様々な月や自然の映像で構成された短い作品の中に詩情が漂う作風から、映像詩人とも呼ばれる。

 


最新情報

【オンラインステージ「わたしのお月さま」ご盛況いただき、ありがとうございました!】

5月16日にzoomウェビナーで開催したジャンルを問わない創作発表イベント、オンラインステージ「わたしのお月さま」

参加してくれたのは日本、ドイツ、オーストラリアからのアーティスト。観てくれたのはさらに多くの国の人たち。

初めての試みとしては、大成功と言って良いかと思っています。

ジャンルも国境もプロとアマチュアの違いも超えて、皆さんが表現する "お月さま” に心のふるえる思いでした。

参加してくださった皆さん、ご視聴いただいた大勢の方々に改めてお礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。

また秋ごろに開催したいと思っています。

 

尚、参加してくださった皆さんのパフォーマンスは改めてyoutubeで公開する予定です。

以下はこのイベントで披露した、Junko von Kiefernwäldchenさんとのコラボです。

【youtubeチャンネルを開設しました】

 

「one day moon 〜ある日の月〜」

日々の月を、撮影した日毎にまとめた短い映像詩作品を随時公開しております。
また、これまでにイベント限定で披露した作品やイベント用に作った告知動画なども公開しますますので、どうぞご覧になってください。

 

 

youtubeツキミチルノコト

https://www.youtube.com/channel/UCoZh9onmvHtlWTuosHxnFJA?view_as=subscriber

【イベントのお知らせ】 

zoom meetingで月を語り合う

「わたしのお月さま」

 毎週金曜日の21時(日本時間)から、月をテーマに語り合う会です。

今週のお喋りのテーマは ”月の形”

詳しくはイベントページをご覧ください。

https://fb.me/e/2diW1fdzD 

 

コロナ禍を受けて全国に緊急事態宣言が施行された2020年4月16日の翌日に不安や苛立ちの解消になればと思い立って始めた、「月のことでもお喋りしませんか?」という無料の夜話会イベントです。

おかげさまでスタートから1年を過ぎ、50回を超えて続けているイベントです。
毎週金曜日の21時から23時までの2時間、月を題材にテーマを決めてご参加の皆さんとお喋りしています。ラジオのように聴くだけ、という参加でも構いません。お気軽にお問い合わせください。 



【オンライン投げ銭について】

オンラインでの投げ銭によるサポートをお願いしております。

youtubeなどで公開している映像作品をご覧いただいたり無料のオンラインイベントに参加して、気に入ってもらえたら投げ銭でのご支援をお願いします!

作品の製作にかかる費用やイベントの開催運営費用として活用させていただきます。

 

・OFUSE
1文字2円のファンレターによるサポート

下記のリンクまたはサイドメニューにある 黄色いOFUSEするボタンから50円から10,000円までの間で金額を決められます。クレジットカードでの決済となります。

https://ofuse.me/tsukimichirunokoto/u

 

・Ko-fi

コーヒー1杯分(3$)からアーティストをサポート

下記のリンクまたはサイドメニューにある 青いBuy me a coffeeボタンから。こちらはPayPalでの決済となります。

https://ko-fi.com/koichirokawato

 

・PayPal

以下のリンクから任意の金額でご支援いただけます。

https://paypal.me/tsukimachibito?locale.x=ja_JP