“わたしのお月さま” とは


月に想いを馳せる時間を一緒に過ごしましょう、というテーマのイベントをオンラインを中心に行っています。

僕は月に思いを寄せながら自分が感じるままに月を撮り、作品を作り続けています。

それは 僕にとっての"わたしのお月さま"といえるでしょう。

 

誰にとっても同じ月ですが、誰もが自分の思いを寄せることができる、自分だけの月もあると思います。
そんなあなたにとっての "わたしのお月さま” を少しづつ持ち寄って、共に過ごすひと時です。

 

月は誰にとっても等しく約38万4千400キロ先にあります。

職業や性別や民族や国籍など、それぞれの立場や価値観を超えて共に月に想いを馳せる、月を眺める。こんなことでも平和への第一歩になると信じて続けています。

 

【月を語り合うzoom meeting  わたしのお月さま】

ご参加はこのページのお問い合わせ、または下にリンクのイベントページからお申し込みください。参加は無料、zoomでのイベントになります。

https://fb.me/e/2diW1fdzD

毎週金曜日の21時(日本時間)から約2時間、月をテーマに語り合う会です。

 

コロナ禍を受けて全国に緊急事態宣言が施行された2020年4月16日の翌日に不安や苛立ちの解消になればと思い立って始めた、「月のことでもお喋りしませんか?」という無料の夜話会イベントです。

 

おかげさまでスタートから1年を過ぎ、開催も50回を超えました。

毎回、月にまつわるテーマを決めてご参加の皆さんとお喋りしています。
お喋りの合間に、月の映像詩をご覧いただく時間も作っています。

ラジオのように、聴くだけという参加もOK、お気軽にご参加ください。

(真ん中に写っているのが僕です)

 

【月想ふアルバム〜わたしのお月さま〜】

 

あなたにとっての お月さま とはどんなものでしょうか。

それを表現する活動や作品を集めて、アルバム形式の小冊子に残すプロジェクトです。

 

世の中の有り様や生活のスタイルが変わりつつある今、

時間も空間も超えた普遍とも言える ”お月さま”をテーマにした活動や創作が集うことは、新しい共感や心の共振が生まれる

きっかけになると思います。

 このプロジェクトは、この共感や共振の輪を広げ、世界が癒えた後の新しい時代に残す記憶であり、新しい時代の "わたし" に伝えるメッセージでもあります。

 

2021年9月21日、中秋にはオンラインでの

お月見会も予定しています。
この会では冊子に先駆けて、皆さんの活動や創作を紹介していただけると思います。

 

 

【オンラインステージ わたしのお月さま】

5月16日にzoomウェビナーで開催した、ジャンルを問わない創作発表イベント、オンラインステージ「わたしのお月さま」

参加してくれたのは日本、ドイツ、オーストラリアからのアーティスト。観てくれたのはさらに多くの国の人たち。

初めての試みとしては、大成功と言って良いかと思っています。

 

ジャンルも国境もプロとアマチュアの違いも超えて、皆さんが表現する "お月さま” に心のふるえる思いでした。

参加してくださった皆さん、ご視聴いただいた大勢の方々に改めてお礼を申し上げます。

どうもありがとうございました。

また秋ごろに開催したいと思っています。

 

尚、参加してくださった皆さんのパフォーマンスは改めてyoutubeで公開する予定です。